FC2ブログ

工務の馬城です

人の命の儚さがこんなに身近に訪れるとは。

つい先日、姪からの突然の電話で驚きました。
電話の向こうでは泣いていたので何事かと思ったのですが、
すぐ病院に来て、「お父さんが」と言って言葉にならないのです。

病院に着くとICU集中治療室に案内され、姿を見てびっくり。
頭に包帯が巻かれてベッドに横たわっていました。

すると先生が「最後の身内の方ですね。ご臨終です。」と
告げると、口から管を取り外し、モニターに映った波形が
横一線になったとたん、死亡が言い渡されました。

朝から近くの裏山でタケノコを取ったりと日頃から元気だったの
ですが、山で転んだのでしょうか頭から落ちて頭蓋骨陥没で
脳の損傷が激しかったようでした。

その後、事件・事故の両面の警察の取調べ等で、斎場に
付いたのは夜遅くになってからです。

それからは仮通夜、その翌日通夜と続くと葬儀、火葬と
あっというまでした。

人の死の知らせを受けて、訪れた人は突然のことで皆
信じられないと言ってました。

本当に人生は儚いとつくづく思いました。
スポンサーサイト



コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク
プロフィール

アイフルホーム八幡店

Author:アイフルホーム八幡店
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR